【次ドコ行こう】 一走一会一写
by: 長山 靖

 

こんにちは。二子玉川店の旅好きスタッフ長山です。

 

 

 

只今、大変恐縮ですがサンデーライドはお休み頂いております。

皆様、自主ライド楽しんでいらっしゃるでしょうか。

 

 

この数年、私はサンデーライド開催にかなりウェイトを置いていたため、

気ままな自分なりのツーリングはサボり気味でした。

 

ぽっかり出来たお休み、今、自分のしたいツーリングってなんだろう?

と、改めて考えてみることにしました。

 

 

かつては峠に魅かれましたが、今は峠に限定したくない。

自走ロングライドは興味深々、でも、ただ突っ走って終わり、

というのもつまらない。

のんびり散策も楽しい、でも何かもうひと押し欲しい。

 

 

 

そうして考える中で思い浮かんだのが「写真を撮る」ということでした。

これまでも、年を経るごとに少しずつ写真を撮ることが増えていましたが、

ここ最近は急加速。とにかく撮るのが楽しいのです。

1434170091329.jpg

(パーキングスタイルのBROMPTONを三脚代わりに!の図)

 

 

それなら「撮る」ことをツーリングの目的にしてしまえば良いのか!

と、思い至った次第です。

 

最近、ここ走りに行きたい!と強く思う場所が浮かんでこないのですが、

撮影が目的なら、楽しく写真が撮れればどこでもOKとなります。

ツーリングって、何気ないところに「ああ、良いなあ」

があったりしますよね。

 

 

 

ツーリングに行くと、不思議といろんな感動に出会います。

思いがけない素晴らしい景色、四季や天気の気まぐれな演出、爽快な道、

奥深い文化、珍奇な物事、坂や向かい風、荒天など逆境との闘いと突破、

美味い食べ物・・・そして人、などなど。

特に、自転車で行くと出会いやすい気がします。

 

そういう、出会った感動をカメラで切り取れたら良いなあと思いました。

 

 

 

 

感動した瞬間で真っ先に浮かんだのが、冒頭の一枚です。

この写真を撮るまでには、少々経緯がありました。

 

 

私は、我が家のルーツが秋田県にあることを知り、

2004年、初めて秋田県入りして足跡を探訪するツーリングをしました。

051.jpg

その途上、たまたま成り行きで、出会った地元の方のご厚意で

何と、ご自宅に泊めていただきました。

成り行きまで書くと長くなるので割愛しますが、

ドラマチックな展開に感動しました。

この展開の中で出会った夜桜があるのですが、

まるで桃源郷のような光景で、そのシーンを彩ってくれて、

今でもダントツで私の中の夜桜ベストワンです。

(写真なくお伝えできませんが)

 

 

 

2008年2月、二度目の足跡探訪の途上で、この方と再会を果たしました。

この方が仕事から帰る夜を狙って、ご自宅に伺いました。

寒い冬の秋田、その方とご家族の何気ない日常にお邪魔させていただき、

心はホクホクだったのを覚えています。

PH2150187.JPG

外に止めていた自転車のBB裏には、見事なつららが出来ていました。

 

 

 

 

2009年1月、三度目の足跡探訪。

この時は弾丸ツーリングで、スケジュール的に

この方には会えないと思っていました。仕事から帰られる夜には、

私はその町を離れなければならなかったからです。

 

日中、先祖の足跡の一つ、山中の鉱山跡を訪ねていました。

里から林道を数キロ山に入ったエリアで、

かつてはとても栄えたそうですが、やがて御多分に漏れず

産出が止まって今は閉山となり、今は住居はおろか人っ子一人いないエリアです。

廃坑には、熊が出るとか・・・。

 

降りしきる雪の中、往時に思いを馳せながらその場所を自転車を転がしていたその時。

突然「おい!」と呼ぶ声がしました。

目の前にあるのは、山と雪だけ。

P1150956.JPG

人がいるはずもないのに、なぜ声が???

辺りを見回すと、道なき豪雪の上から人が現れました。

その人が、まさかまさかの、今回は会えないと思っていたその方でした。

 

実はこの方、林業関係のお仕事で、たまたまこの時、

このエリアで働いていました。

そこに水色の自転車が通りがかって、もしかして、と思って

声をかけてくれたのだそうです。

少しでも時間がずれていたら、気付いてもらえなかったら、

もし声をかけて貰えなかったら・・・、有り得なかった再会。

しかも、雪に閉ざされた山中の、かつての先祖の足跡の場所で!

 

その場で撮ったのが、冒頭の写真です。

その後、感動のあまり、豪雪の中を涙を流しながら走りました。

素晴らしい思い出の一ページです。

 

 

 

ここに挙げた例は、まるで小説に書いたような展開でしたが、

どうやらツーリングに出かけると、不思議とそういう奇遇行き当たるようです。

他の方のツーリング談を伺うと、こういう類の話がぽろぽろ出てきます。

私自身も、今回挙げた例以外にも「こんな偶然あるの?」ということがあり、

どうやらツーリングとはそういうものらしい、

という根拠の無い確信が芽生えました。

 

 

 

よし、これからの私なりのツーリング合言葉は、

一期一会から連想して「一走一会」、そこに写真を加えて

「一走一会一写」で行ってみよう。

 

 

・・・なんてことを考えていたタイミングで、先日の早番早上がりの日に

たまたまM様から飲みのお誘いを頂き、二子玉川の街へ繰り出しました。

そこで、また出会いが・・・。

 

 

 

まず居酒屋でしみじみ酌み交わし、その後、余韻の飲みでもう一軒。

 

1434129821994.jpg

たまたまふらりと入ったバー「Masters」で話していたら、

なんとマスターがロード好きで、しかも

ワイズロード新宿店でロードバイクを購入下さっていたと判明!

FFWDのホイールを履かせたノリノリのピナレロ号写真を見せて下さいました。

当二子玉川店もお立ち寄り頂いていて、

スタッフ木村がご案内させていただいていたことがわかりました。

雨降る月曜のバー、貸切状態で、自転車談義に花が咲きました。

20150608223828.JPG

(マスターの中野さん)

 

実はこの時、M様は別の知っているバーに入ろうとしていたようでしたが、

なぜかたまたま、気付いたらこのMastersさんにふらりと入っていました。

何か、やっぱり、ご縁てあるんですね。

 

 

このマスター曰く

 

「自転車は人を繋ぐと思っております」

 

 

出た!名言!!

まさにその通りだと思います。

 

 

そういう出会いの感動を撮りに、走りに出かけたいと

しみじみ思う今日この頃です。

写真を撮る技術が上がれば、いずれ催行ライドでも役立ちそうですしね。

ただ休んではいませんよ~。

 

 

 

 

1434129803869.jpg

ちなみに、一軒目の人情派居酒屋で出会った光景。

酔いつぶれたように眠っている猫。

これまた愉快な出会いの一幕でした。

 

 

 

 

 

 

ロード、ロングライド、トライアスロン、ヒルクライム、ツーリング、フォールディング、通勤ライド・・・

二子玉川店は走り好きスタッフが集まっています。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

さて、次ドコ行こう。

IMG_03181.JPG

 

 

Y'sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場あります

 

 

当店は高島屋インショップのため

いろいろな商品券をご利用いただけます。

 

 

修理は予約制となっております。

誠に恐れ入りますが、ご予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。

 

   

 

 

 

 

前の記事へ

次の記事へ