【次ドコ行こう】 自走de秋田 その1
by: 長山 靖

 

こんにちは。二子玉川店の旅好きスタッフ長山です。

 

 

9月の最後3日間、たまたま貴重な三連休を頂戴しました。

良い季節、天気予報も悪くはなさそう。 

そこで、ふと思い立ちました。

 

今年はいろいろあり、大会参加はおろかサイクリング自体お休みしていたので、

今年中にせめて一つくらい何か自分で自分にイベントを課してみよう。

 

そこで浮かんだのが、父方のルーツということから輪行でよく訪れている

秋田県の大館まで、自走で目指してみる、というものでした。

 

別に輪行で行けば済むじゃん、と言われればそれまでですが、同じ場所でも

輪行で訪れた時と自走で訪れた時に抱く感覚とが、全く別物なのです。

私の感覚で言うと、同じ景色の別の場所といっても良いくらいです。

 

大館までの道のりは推定700km、道のロスト等も考慮して

750km見ておけば間違いないかなという感じです。

 

サンデーライドと通勤以外で100km走ったかどうかも怪しい

今年、鈍った身体でどこまでやれるのか、実験です!

 

 

今回は、装備についてご紹介します。

 

 

 

★ 自転車 ★

IMG_1751.JPG

ブリヂストンANCHOR RNC7

 

クロモリ独特のしなりが、長丁場で体に優しい。

旅人目線からすると、風景に違和感なく溶け込む佇まいもポイント。

 

ギア比は、フロント50x34T、リア11-23T。

あまり軽いギアを付けると甘えてしまいそうで、ほどほどに抑えてあります。

 

ペダルは軽量SPDモデルPD-A600。

SPD-SL等のロードタイプだと輪行や寄り道時に歩きづらい。

歩きシューズを携行し履き替えるのも面倒。

そこまで激しい走りはしない。

ということからこの選択です。

 

ホイールは前後とも42mmリムハイトの重量化ホイールでしたが、

前輪だけノーマルに変更。

地方に行くと激しい風に遭遇してホイールが押されることもあるので、その対策です。

あとは長丁場でのスタミナ温存のため、登坂に備え軽量化の意味も(気休め程度)

 

後輪はあえてそのままで、平地の伸びに期待。

ひたすら平地だったり山岳だったり、いろいろなシーンを想定しての選択です。

これでDHバー付けたらカーボン忌避トライアスロン車!?

 

 

IMG_1727.JPG

タイヤは頑丈性重視のコンチネンタルGP 4Season。

いままで23Cでしたが、今回を機に25C化してみました。

多少の安定感アップに期待。

疲労して集中力が落ちる後半では、安定感が生み出す安心感は頼もしいです。

 

 

 

IMG_1748 (2).JPG

サイクルコンピューターはCATEYE CC‐AT200W

手軽に現在標高(目安)や獲得標高がわかります。

走行軌跡や画像記録用にはCATEYEのINOU

 

 

 

IMG_01729.JPG

オマケで気合ボトルを新調。

気は持ちよう?

 

 

 

 

 

★ ウェア ★

IMG_1741.JPG

・ショートのジャージ上下

正装。気が引き締まります!

 

 

 

 

IMG_1744.JPG

・UVカットアームカバー付アンダーとUVレッグカバー

UVカット狙いだけでなく、ウォーマー未満の適度な保温効果も狙って。

時期的にウォーマーだとまだ微妙に暑いかなと思いました。

(※涼しく感じさせるコールドブラックではないモデルです)

 

 

 

IMG_1743.JPG

・ウインドブレーカー

肌寒い時でも看板しょったまま走れます(笑)

 

 

 

 

・レインジャケット

IMG_1748.JPG

カペルミュールのクリアレインジャケット。

手ごろな写真が見当たらず、先日の山梨サンデーライド

ほうとうにありついているの図、でご容赦下さい・・・。

軽量コンパクトで、雨の影響を受けにくい脇下から

腕裏周辺にメッシュ通気口あり。

ウインドブレーカー以上にウインドブレークしてくれますが、

その分蒸れやすいです。

 

 

 

 

・レインパンツ

IMG_1742.JPG

モンベルのサイクルレインパンツ。自転車用なので

裾が絞れるようになっています。防寒着も兼。

GORE-TEX製がベストですが予算の絡みで廉価版を使っています。

 

 

レインウェア上下にはもう一つ役割があります。

今回、軽量化のため着替えは無し。

汗汚れが気になったら宿泊先で洗濯すれば良いです。

でもそれでは帰りの輪行車内で思いっきりチームジャージ・・・。

レインウェア上下は、それを包み隠してくれるアイテムにもなります。

 

 

 

あとは念のための薄手のロングスリーブジャージ。

IMG_1758.JPG

いちおう、坂好きなのでジロデイタリア山岳賞(笑)

 

 

 

 

 

★ バッグ ★

 

・デイバッグ

IMG_1757.JPG

deuter SPEEDLITE15(旧モデル)

 

特に自転車に限定しないスポーツモデル。

レインカバーやヘルメットホルダー等は付いていません。

その分軽量、350g。容量15Lと程よい。

レインカバー無いので、バッグ内にごみ袋を二重にして張り、

その中に荷物を詰め込みました。

 

詰め込んだのは、

・大判道路地図(広域の情報を把握しやすい)

・デジカメやスマホの充電器

・着ていないウェア

・財布

(会計はなるべくコンビニ利用で、ウェア背面ポケットから

スマホを出してオサイフケータイで済ませました)

 

それらを、ジップロックで個包装。

ごみ袋と併せて二重の防水仕様としました。

 

ロングライドではシートポスト装着のリアバッグが定番で、

背負わなくて良いのは負担が減ります。

ただ私はダンシングを多用するので、振りが重くなるのを

嫌ってデイバッグにしました。これは個人差が大きいですが、

私の場合は軽くまとめればそれほど気になりません。

あと寒い時は背面の保温という副産物も。

 

 

 

・フロントバッグ

IMG_1759.JPG

OSTRICH リベロバッグ。

ベルト止めのみでアタッチメント不要。

軽量シンプルなのがグッドバランス。

 

そこに詰め込んだのは、

IMG_1728.JPG

スポーツようかんプラス

指で押すだけで中身が出てくるスグレモノ。

持続性エネルギー糖質を配合。

ナントカGEL等の方がより効果有るのかも知れませんが、

単純におやつとしておいしく、食べたという実感もありお気に入り。

 

おいしいアミノ酸BCAA

運動前や直後に飲む、筋肉サポートサプリ。

個人差ありますが、私は疲労回復に差を感じます。

 

VESPA HYPER

内部エネルギー活性型サプリ。

スズメバチ抽出液により体脂肪燃焼を活性化してくれるとか。

効率の良いエネルギー変換に期待。

 

これらを、ジップロックで種類別に分けて梱包。

IMG_1764.JPG

取り出す時に迷わないよう配慮しました。

 

 

・おやつ

クッキー、アーモンドチョコ、プリッツ。

どれも、信号待ちのスキマ時間にサッと出してつまめます。

こういう普通のお菓子は、疲れた時でもおいしくて食べやすいです。

遠足のおやつ感も漂い、旅気分を演出。

専用サプリは、大会等ここぞ!という時には良いのですが、

いろんな意味での「おいしさ」という点では敵いません。

 

 

・電池(INOU用)

約6時間半に一回電池が切れるINOU。

切れた時すぐ電池交換出来るように。

 

 

 

 

 

 

・サドルバッグ

IMG_1750.JPGのサムネイル画像

ダンシングの振りの妨げにならないよう

軽量小ぶりなモデルに最低限の修理用具のみ。

ボトルケージには軽量輪行袋OSTRICH SL-100が入るので、

ツールボトルは使いません。

 

 

あとはオマケでウエストバッグをおなか側に装着、

そこにゴツい、ちょっと良いデジカメ。

(レインジャケットの画像にウエストバッグが写っています)

これは無い方がロングライドには有利なのですが、

私は写真を撮るのも好きなのでこだわりアイテム。

 

 

 

★ ライト関係 ★

 

日が短くなり始めた季節のロングライドでは、夜間走行は

避けられません。そこでライトを強化。

 

IMG_1753.JPG

フロントライトは、メインはハブ軸にCATEYEのHL-EL540RC

デカいですが、その分照射幅がワイド。

電源規格が単三型電池というのもバッテリー切れに対処しやすくGood。

 

 

サブライトは、私のBROMPTONに取り付けたCATEYE HL-EL460RC

照射幅はHL-EL540に敵いませんが、光は強く、メインにもなり得る強力な補助灯です。

こちらはUSB充電タイプですが、バッテリーの持ちがそこそこ良いです。

けっこう明るいロー点灯で18時間、ノーマル点灯でも8時間。

ハイ点灯3時間は、お世話になる状況に陥りたくない・・・。

 

 

IMG_1760.JPG

テールライトは、fizikのサドル下に、専用マウントでCATEYEのTL-LD155R

スリムで、輪行時に装着したままでも支障ありません。

こちらは点灯モードで使用。

 

 

もう一つは手持ちのTL-LD630

IMG_1733.JPG

これをクリップ式台座に装着して、デイバッグのジッパー持ち手部分に差し込み。

そこだけだとバタつくので、バッグ上部の持ち手輪っかも巻き込みました。

今回のデイバッグSPEEDLITEは自転車用でないため、走行中にジッパーが勝手に

開くのを防ぐストッパー機構がありません。そのストッパーも兼ねての対処。

こちらは点滅モードで目立ちやすいようにしました。

 

 

 

IMG_1745.JPG

余ったジッパー持ち手には、反射材のバンドを装着。

ブルベで必須の反射ベルトでもあれば尚良いのですが、持っていなかったので

手持ちの機材で何とかしてみました。

 

といったところです。

 

 

行くとはっきり決めたのが2、3日前だったので、装備はほとんど

あるもの活かしで済ませました。

ベストではないかもしれませんが、悪くもないと思います。

強いて言えば、夜間に目立つ用のアイテムがもう少しあれば

尚安心だったでしょうか。

 

 

 

 

IMG_1765.JPG

あとは、旅を不思議と良い方向に晴らしてくれる?

お馴染みの「てるぼう」

 

 

 

IMG_1732.JPG

さりげなく、こんなアイテムも忍ばせて・・・。

 

安全第一を祈念!

 

 

次回から走行レポートをお届けしていきます。

 

その2

 

 

 

 

Y'sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場あります

 

 

当店は高島屋インショップのため

いろいろな商品券をご利用いただけます。

 

 

   

 

 

 

前の記事へ

次の記事へ