【こだわり】スタッフバイク ANCHORロード 長山
by: 長山 靖

staffbike_battle.jpg

 

こんにちは。二子玉川店の旅好きスタッフ長山です。

 

ワイズロードスタッフのバイク紹介ページが出来ましたので、私の愛用バイクも投稿してみます。

 

私の所有する車種は、どれも「旅に不自由しない道具」という観点から選んでいます。

今回はそんな中からロードバイクをご紹介します。

 

【モデル】

BRIDGESTONE ANCHOR  RNC7

 

 

【こだわりポイント1】 鉄フレーム

風景に溶け込む自転車を求めて。

このモデルの前はcerveloのR3(CSCカラー)、バリバリな

ロードレーサーでした。性能は申し分なかったのですが、より風景に溶け込む

自転車が気になり、先代フレームの老朽化に伴い交代しました。

 

軽量カーボンフレームからの乗り換えだけに、

鉄ならではのガチッとした安心感をより強く感じます。

鉄フレームは総じて耐久性があり、

20年30年と長く乗られる方もいらっしゃいますね。

 

IMG_6686.JPG

 

路面からの衝撃は、カーボンは多少カドを取ってくれる印象。

鉄フレームは、フレーム自体のバネ感でバイーンといなしてくれる印象。

RNC7はそれが顕著。そのバネ感が心地良いです。

 

フレームの作りも、バルジ成型やスピニングバテッド等、

ブリヂストンのこだわりが光ります。

従来の概念にとらわれず攻めているのが熱いです。

 

 

大会も視野に入れるけど、一分一秒を求めるよりは、より遠く、より長く、を求めて。

RNC7は、そんな曖昧な路線ニーズにぴったりでした。

 

 

 

【こだわりポイント2】 渋すぎないカラー

レーシングカラーを選択。

IMG_5019.JPG

このカラーは、私の主観ですがクラシカルな胴抜きカラー風でもありつつ

渋すぎないレーサー然とした雰囲気もあり、

風景にも溶け込むけど、ちゃんとレーサー!という妙所を突いている

(と勝手に思っている)のが良いですね。

ツーリング派ながらもたまにエンデューロやトライアスロンに参戦する為、

いかにもな渋い自転車でなく、ロードな雰囲気は押さえたかったのです。

 

 

 

【こだわりポイント3】 ジャパン!

日本製フレームなので、パーツも日本モノを積極的に取り入れてみました。

 

まず、バーテープからして日の丸(イタリアのSILVAですが)

IMG_6693.JPG

 

 

コンポーネントは、とりあえず先代のシマノ7800を移植。

調子が悪くならないので。11速は遠い?

IMG_6687.JPG

 

 

クランクセットのみスギノのOX800Dコンパクトを新たに入れてみました。

IMG_6682.JPG

ひとまず50-34Tのベタな組合わせですが、ダブルギアのQファクターのまま

インナー30Tまで使えるので、後々に遊べそうな予感がします。

 

 

 

ハンドルステムは日東を選択。質実剛健さがGood。

IMG_6684.JPG

 

 

ホイール周りは、アラヤリム、星スポーク、シマノハブ、パナかBSのタイヤ

あたりで手組みホイール・・・といきたいところですが、

とりあえず先代のEASTON CERCUITを使用。

あくまでも「道具」として、こだわりすぎないようにしています。

 

 

 

ライトはCATEYEのHL-EL540RCとTL-LD650の組み合わせ。

540の明るさは、夜の峠を走るのに重宝しています。

540rc.jpg

IMG_6688.JPG

 

がっつり夜走るときは、不測の故障に備えてサブライトも盛り込みます。

 

 

ボトルケージは、あえて素朴なミノウラDURA-CAGE。

駆け出しの学生の頃使っていたので、原点回帰の気概も込めて。

 

 

 

まだ参加に至っていないですが、ブルベに備えてベル装備。

CATEYEのミニベルです。

IMG_6692.JPG

山中での獣除けとしても活用。

 

 

 

オマケ。

バーエンドに日本酒の一升瓶のフタを入れてみたら、ピッタリ!

IMG_5021.JPG

ちなみに、走行中は決して呑みません!(笑)

 

 

 

【こだわりポイント4】 積載性

私のツーリング用自転車の中でも快走ロングライドを視野に入れた本機は

軽快感をなるべく損なわずに最低限の荷物を積載したい。

というわけで、ブルベ等で定番のRIXENKAUL コントアーマグナムを装備。

 

ダンシングの振りは少し重くなりますが、普通に走る分には

存在があまり気にならず調子は上々。

バッグの着脱は台座からワンタッチ。

ドイツものなので耐久性もバッチリ。

IMG_6689.JPG

 

 

 

 

【こだわりポイント5】 前向きやじるし!

これはどうでも良いポイントかもしれませんが・・・

トップキャップに、PROのものを採用。

PROは斜め上向きの矢印デザインが特徴ですが、

この向きを勝手に前向きに変更!

IMG_6685.JPG

 

走っていて苦しい時に、ここを見ると

「前を向いて進め!!」

と鼓舞される、という仕掛けです。

 

 

 

ANOHOR RNC7

フレームセット ¥160,000-

105仕様完成車 ¥235,000-

 

サイズは日本人の体格が集中するエリアは10mm刻み展開。

カラーは豊富なラインナップから選択可能です。

 

バイオレーサーライトにてサイズポジション割出させて頂きます。

お気軽にご相談下さい。

 

Y'sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

 

 

前の記事へ

次の記事へ