【スタッフバイク】サーベロ R3SL
by: 桂川 貴充

2008年にツール・ド・フランスをTVで観戦していて、心打たれたバイクがサーベロのR3SLでした。

サストレ選手の活躍でツール・ド・フランスの総合優勝バイクになった事もあり、よくTVには映っていました。

山岳を駆け上がるサストレ選手が乗るR3SLに釘付けになりながら、心は「これ買う~~」って決まってましたね。

要は一目惚れで選んだバイクです。思い返すと所有する全てのロードが一目惚れで選んでいて、だいぶ見た目重視です(笑)

性能は乗る人のパワーで印象がだいぶ変わります。

購入当初は硬さが気になったり、ヒルクライムのタイムがあまり伸びなかったりしました。

今は以前よりはパワーが上がり、剛性も調度良く感じられてきました。

この前、R3SLと一台目の9kgあるバイクで同じホイールを使い正確にヒルクライムのタイム測定をしたら、

2分の差が出ました。2分の差はでかいですよ~~。

ようやく本来の性能を味わえてきた感じです。

さらにパワーをつけていけば、R3SLの真価を発揮させられるんでしょう。楽しみです。

 

こだわりポイントあげるとしたら、

①3Tのカーボンステム&ELITEのカーボンボトルゲージ

P1240962.JPG

P1240963.JPG

100%見た目で選んだパーツです(笑)

ロゴカラーに高級感に形状、、、これしかないっっ!!と、めちゃくちゃ高いけど悩んだら諦めそうだったので悩まず購入しました。

 

②ホイールはカンパニョーロ BORA ONE。

P1240975.JPG

ホイールはさすがに性能重視で決めましたよ。

よく回り、剛性バランスよく、巡航良く、軽いので、

ヒルクライムレースもエンデューロレースもトライアスロンもこれで出てます。

ロゴをダークカラーに変えようと片方だけ剥がしたら以外とありじゃ~んとそのままに。

けど、バランス悪いのでそのうち貼り直そっ。

 

③コンポーネントはカンパニョーロ コーラス

P1240961.JPG

ほんとはスーパーレコードにしたかったけど、そんな予算はなくコーラスです。

カンパニョーロは個々のパーツのかっこよさだけでも買う価値有りですね。

 

フレームの好きな所は、極太ダウンチューブと極細シートシューブ。

P1240967.JPG

P1240969.JPG

特に極細シートシューブは手で押すとしなるほど。

それでいて体重制限なしの強度を持ち、サーベロの技術力の高さを証明していますね。

石畳のパリ~ルーべで勝っているだけあり、極細シートシューブのしなり効果で乗り心地よく

ロングライドでも活躍してくれるお気に入りの一台です。

 

以上、愛車の紹介でした。

 

前の記事へ

次の記事へ