ホイールの重量化?
by: 長山 靖

 

こんにちは。二子玉川店の旅好きスタッフ長山です。

 

 

 

今回はやや変化球気味な切り口から、ホイールについてご紹介します。

 

 

突然ですが、志木店の新開さんは私が目指す方向性の遥か先を行く感じなスタッフです。

 

坂好きだったり(しかもめちゃくちゃ速い)

「こだわりポイント0,5  走るは秘境地!!」と謳っていたり。

速いレーサーな中にもツーリング的アソビ心が伺えます。

新開さんのスタッフバイク紹介記事にその感じが現れています。

 

その中で紹介されている「重量化ホイール」が、私の心をくすぐります。

詳細はその記事で確認できますが、

H PLUS SONのSL42リムをベースにした手組みホイールです。

前後ペアで2500gとは、なんとも漕ぎがいがありそうですね!

近場の緩い坂でも難易度が上がって楽しそうです。

 

 

普通は軽くするためにあくせくするところを、あえて重い方向に持って行く。

テーマさえしっかりしていれば、自転車は自由ですね!!

 

 

 

ちょうど店頭にSL42のリム(カラーはPOLISH)が在庫あります。

IMG_0458.JPG

見た目もクール。

日本刀の刀身のような輝きが切れ味鋭そうです。

私も倣って105のハブ辺りで組んでみようかな?

その仕様ですと、組立工賃込みでペア4万円強です。

リムカラーはマットブラックなど数種展開、105ハブはシルバーかブラック。

 

 

 

気軽に重量化ホイールがご入用でしたら、

例えばマルイのロード完組ホイール

(ARAYA AR-713リムとシマノ2200ハブ仕様)

辺り、前後ペア2220g、

お値段はフロント¥8,190-、リア¥9,450-

とお手ごろです。

IMG_0454.JPG

 

 

 

以前、社内有志スタッフの走行会で奥多摩へ行ったときの

CATEYEのINOU記録があります。

前編 http://www.cateyeatlas.com/trip/detail/6550/

後編 http://www.cateyeatlas.com/trip/detail/6551/

帰路 http://www.cateyeatlas.com/trip/detail/6552/

 

 

名古屋店の梅林店長や、新宿カスタム店石澤副店長、

新宿本館の佐藤さん、上野アサゾーの中山さん達と、

「ノリニケーション」を楽しませていただきました。

語らずとも、走りそのものがコミュニケーションになっている。

言葉ではうまく説明できませんが、その感覚は良いですね。

 

L_2011-10-04_08.33.05_00021[1].jpg

その中で新開さんは奥多摩周遊道路の登坂でもまったくぶれず、

平地のポタリングのごとく漕いでいました。

帰路の五日市街道では前を牽いてくれ、そのキレイな

ペダリングに大きな刺激を受けたものです。

これも、鉄下駄を始め日々の練習の積み重ねの賜物ですね。

その辺も動画で少し記録に入っていますので、

参考となりましたら幸いです。

 

 

このときは力不足もあって、坂での千切り合いに疲れ果て、

帰路の多摩川で土手に上がる僅かな坂を登るのも嫌になりました。

まだまだ坂好き度が足りないなあと思いました。

 

速い方々と走ると、良い刺激になりますね。

私も精進して、刺激を振りまけるようになりたいものです。

 

 

 

尚、重量化という切り口からホイールのご紹介をしましたが、

それだけホイールは換えると影響が大きいです。

自転車が進む限り、ひたすら働き続けます。

これがもし軽量ホイールに交換したら、これまた変わること請け合い。

特にメーカー完成車についてくるホイールはコストを抑えるために

重いものが多いので、実は最初からやや鉄下駄気味だったりします。

(その分、頑丈で扱いやすいかもしれませんが)

 

ホイールを交換して、走りをガラッと変えてみませんか。

 

 

Y'sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場あります

 

 

当店は高島屋インショップのため

いろいろな商品券をご利用いただけます。

 

 

   

 

前の記事へ

次の記事へ